100年ふくしま。

vol.008 養蜂家 正直一男さん

2017/04/28

008養蜂家 正直一男さん

100-FUKUSHIMA Vol.008

養蜂家 正直一男さん
ミツバチの生態はまだまだ未知の世界です

養蜂を始めて35年目になります

郡山市安積町で養蜂業を営む正直一男さんを訪ねました。「こおりやまゆう」に登場するのは4度目になります。
この春、養蜂を始めて35年目を迎える正直さん。一昨年の9月に息子さんの清孝さんが一緒に養蜂の仕事をするようになり忙しい日々を送っています。
「息子はこの一年間でだいぶ、仕事を覚えました。自分の方は巣箱を移動するなど力仕事は前よりも楽しているかな」
蜜が集まっている継箱はズッシリと重く、2時間かかるところを1時間で終えることができると明るく話します。
小さい頃から自分が出来る手伝いをしてくれていたという優しく真面目な清孝さん。息子さんと仕事が出来ることは正直さんにとって何よりの希望です。

大切な蜜源、アカシアの木が減ってきている現状

29歳でミツバチに興味を持ち養蜂を始めた正直さんは、ミツバチの生態はまだまだ分からないことばかり、奥の深い未知の世界だと話します。
ミツバチの天敵はスズメバチですが、ツバメにも気を抜けないといいます。
「6月になるとツバメが急降下してミツバチを襲っていく。手の施しようもなく、かなりの速さで迫るのを見ていることしかできません」
蜜源のアカシアの木が、区画整理などで伐採されていることも頭を悩ますところです。
「少し離れている土地の地主さんとの交渉など蜜源の確保に力を入れている現状です」
正直さんの作るハチミツは、主にサクラやアカシアの純度100%のもの。今後の蜜源の減少は気がかりなことだと話します。
30年来のお客さまも多く、正直さんのハチミツは貴重な人気商品。直売所で月1回から2回の対面販売も行っています。
「カリンをハチミツに漬けておいたものを水で割って飲むといいですよ。風邪で咳き込んだ時などすぐに止まります。ハチミツは家庭療法にもお役に立ちます」

shoujiki_01
ソメイヨシノが開花する4月10日頃から蜜を集め始め、5月にかけてヤマザクラ、その後アカシアの花と続きます。

100年ふくしま 記事への感想を投稿する
※取材対象者への問い合わせフォームではありません。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


100年ふくしま。の記事

vol.082 トトノエル gallery cafe 芳賀沼智香子さん

vol.082 トトノエル gallery cafe 芳賀沼智香子さん

081 美術家 中根秀夫さん

vol.081 美術家 中根秀夫さん

080 cafe遊楽 石橋偉光さん

vol.080 cafe遊楽 石橋偉光さん

079小沢民芸 小沢宙さん

vol.079 小沢民芸 小沢宙さん


TOP