郡山の農業

橋本農園 橋本寿一さん

橋本農園
お話を伺った橋本寿一さん。 「10種類のぶどうを作っています。放射性物質は検出されていません。どれも美味しいですよ」

もっと知りたい郡山の農業

橋本農園 橋本寿一さん
美味しいぶどうを作って口コミで広げていきたい

お客さまが直接買いに来てくれます。

郡山市三穂田町の橋本寿一さんは、奥さまと息子さんと共にぶどう、りんご、水稲を栽培しています。
「もともとは米農家でしたが、40年前の国の減反政策を機に、花などいろんな作物への転作を試み、ぶどうを育てることにしました。野菜と違ってぶどうは永年作物なのでダメな場合は、切って植え替えをしなければならない。苦労はしたけれど美味しいぶどうが採れるようになりました」
橋本さんのお客さまは、ほとんどが直接ぶどう園まで足を運んでくれるといいます。
「お客さま同士の口コミで広がり、今ではぶどうの品種への要望なども多くなっています」
それだけ橋本さんの作るぶどうが美味しいことを知っているからでしょう。
橋本さんはそのようなお客さまたちに応えるためにも日々努力し、ぶどう栽培に励んでいます。

橋本農園
「あづましずく」のぶどう狩りに訪れたお客さま。
これからの季節は、昔からある郡山のぶどう、緑色の「ナイアガラ」がなります。

「あづましずく」に期待をかけて

農産物の出荷は、市場を通す方法と直接販売する方法があり、橋本さんは直接販売する方が性に合っているといいます。農作物を間近に見てもらい、農業を身近に感じ、わかってほしいということが橋本さんの望みです。
橋本さんは小学校のゲストティーチャーとしても活躍しています。子どもたちに農業のことを教えたり、安積疏水の歴史を話したり、郡山の農業文化にも貢献しています。
「今日も近くの小学校の児童たちが授業の一環でぶどう園に来ていたんですよ」
橋本さんが目指しているのは、観光農園というより、もっと生活に密着した体験的な農園なのです。
「自分は『あづましずく』という福島のぶどうの品種に期待をかけています。粒をコンパクトにして色を黒くつけるように育てると甘くて美味しくなります。茎の青いぶどうは、ここに来なければ食べられないと言われます。来年は今年の倍の収穫を目指してがんばりますよ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です