郡山の農業

野菜・水稲農家 大野 豊さん

大野 豊さん
お話をうかがった大野豊さんと奥さまの裕子さん

もっと知りたい郡山の農業

野菜・水稲農家 大野 豊さん
夫婦ふたりで育む農業。

ハウスの中、ぐんぐんと育つニラたち

郡山市三穂田町の大野豊さんは、地域のニラ作りの会長さん。奥さまの裕子さんとふたりで、米やニラ、ナスなどの野菜を専門に作る「大野ファーム」を営んでいます。
12月の小春日和の暖かな日に、ニラを育てているビニールハウスを訪ねました。大野さんご夫妻は、苗を覆っているマルチというビニールをカッターで切る作業をしていました。
「ニラは始めにマルチの中で育てます。ぐんぐん成長するのでこうしてマルチを切っていきます」
手際よくマルチが切られる端から伸び始めたニラたちが気持ちよさそうに姿を現していきます。
一連の作業を終えると冬の日でも汗をかく大変な仕事です。
「ハウスの中の温度は、昼間は23〜25℃。夜には5℃を保ちます。肥料を撒いたり水やりもするので換気には一番気を使いますね」

大野 豊さん
ハウスで育つニラ。マルチで覆われていたニラが姿をあらわし成長していきます。

太くていいニラが出来た時がうれしい

大野さんが、ニラ作りを始めたのは15年前です。
「トマトなど収穫時期が夏場に重なるものを作っていましたが、労力を考えて冬場にも出荷できるようニラに切り替えました。自分たちで苗床から作ります。冬になる前に株寄せをして、たっぷりの肥料をやり、秋から冬にかけて4回刈り取りをします」
太くていいニラが出来た時や、知り合いの方にあげて甘くて美味しいと喜ばれるととても嬉しいです、と目を細める裕子さんです。
裕子さんに、おすすめのニラ料理をお聞きしました。
「ホットプレートに豚バラ肉をしき、その上にニラをのせます。それを3回繰り返しふたをして蒸します。それをポン酢で召し上がってください。さっぱりとしていくらでも食べられますよ」
ネギ科のニラは栄養価が高く、スタミナの付く野菜です。ミネラル成分を多く含み、免疫力を高め疲労回復も助けてくれます。
ニラを食べているせいかめったに風邪はひきませんね、と気持ちよく笑うおふたりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です