100年ふくしま。

vol.057 郡山ご当地ヒーロー ダバイザー

2020/09/03
057郡山ご当地ヒーロー ダバイザー

100-FUKUSHIMA Vol.057

ダバイザー

今回は、郡山のご当地ヒーロー・ダバイザーさんにBUNがインタビュー。
みんなが知りたいダバイザーのあれこれをお聞きしました。

BUN:まず、ダバイザーという名前の由来を教えてください。

ダバイザー :郡山の方言に「だばい」という言葉があります。何々だばい、というふうに使われ、何々でしょうという意味なのですが、すごく郡山らしいと思い、命名しました。

BUN:確かに「だばい」という方言は、郡山独特の言葉だし、地元感が伝わる名前ですね。

ダバイザー :ありがとうございます。ボクは、あくまでも地元のヒーローでいたいと思っています。
「ダサい」という感想や「ダルライザー」と被るという意見もいただきますが、郡山愛はボクにとって大切な要素なので、活動を通して、みなさんに親しんでいただけたらと思っています。

057_dabaizer01
057_dabaizer02

BUN:ダバイザーさんの生い立ちを教えて下さい。

ダバイザー :元々は、町人探訪という情報誌に掲載されたコミックで2次元として誕生し、東日本大震災を機に、現在3次元、つまりリアルな姿になりました。
当時の福島県は、原発事故の影響で放射線量が高く、子どもたちは外に出て、運動したり遊ぶことができず、体力が低下するなどストレスにさらされていました。そこで始めたのが体操です。音楽をやっている仲間と、幼稚園や学校に行って、「ダバイザー体操」を一緒にやることで、少しでも子どもたちの体力を増進して、笑顔を増やしたいと思いました。

BUN:そうすると、子どもたちのために今の姿になったというわけですね。

ダバイザー :そうです。ダバイザーは子どもたちの笑顔でリアルな姿を現し、子どもたちの笑顔をエネルギーの源としたヒーローなのです。

057_ダバイザー03

BUN:体操の他には、どんな活動をしているのでしょうか。

ダバイザー :そうですね、体操をしていないときでも、いつも子どもたちに寄り添っていたいと思っています。
子どもたちが安心して過ごせるように、公園での見守りや、街のパトロールなどを行っています。

BUN:今日、一緒に郡山の街を歩いてみたのですが、大人の方からもずいぶんと声を掛けられましたね。

ダバイザー :そうですね。応援や励ましの言葉をいただいて、ボクも驚いています。
やっぱり、子どもたちにとって良い環境は、大人の方にとっても良い環境であるということが、分かってもらえるようになってきたのかなと嬉しくなりました。

BUN:ダバイザーさんの素顔は、学校の先生という噂がありますが、どうなんでしょうか。

ダバイザー :特別隠すつもりはありませんが、ダバイザーの本当の素顔は、大勢の人が持っていると思っています。
子どもや地元を愛する気持ち、正義感や勇気といった人の心が、ダバイザーの素顔であり、ボク以外にも郡山には沢山のヒーローがいるのではないでしょうか。

057_ダバイザー04
057_ダバイザー06
057_ダバイザーが好きなもの


BUN:好きな食べ物はありますか。

ダバイザー :好きな食べ物はいっぱいありますが、中でも「酪王のカフェオレ」と「柏屋の薄皮饅頭」が、ボクにとってのソウルフードです。

 

最後に、ダバイザーさんから活動を応援してくれる方々、福島の子どもたちに向けたお手紙をお預かりしましたので、ご紹介します。

++++++++

100年後の友へ

昔々(100年前)、福島県郡山市に「ダバイザー」というローカルヒーローがいました。
2011年の「東日本大震災」にもめげず、2020年の「新型コロナウィルス」にもめげないで、何とか子どもたちの笑顔のために頑張り続けた真のヒーローがいたのです。
どんな出来事があってもめげないで、目標に向かって突き進んでいました。
それが宿命と感じていた私は、どれだけ伝わったのか…子どもたちに無言で私の生き様を教えていたように思います。
100年後に私が生きているのか、はたまた進化しているのかはわかりませんが、きっと私の思いを引き継ぐ何かが、きっと存在しているものだと信じています。
子どもたちの未来のために、共に戦う方々がいることを信じて…。
最後に「ダバイザー」の名前の由来を…。
「ダバイ」は標準語の「〜でしょう」を意味する郡山の方言です。
今でもなかなか使われない方言なので、きっと100年後は全く使われていないんだろうなあ。

ダバイザーより

++++++++

057_ダバイザー08

– – –
ダバイザー
ショートムービー「コロナVSダバイザー」を2020年秋口に撮影予定
http://dabaizer.com/
https://twitter.com/dabaizer_

下記リンク先で電子ブック「ダバイザー」が読めます。
日本文教出版 >Webマガジン > 読み物プラス
https://www.nichibun-g.co.jp/data/web-magazine/plus/

– – –
ふくしまの子供達に夢と元気を与える会
平成29年度福島県地域創生総合支援事業[サポート事業]
地元ヒーローと一緒に歌を歌い体操して元気になろう事業
〒963-0111 福島県郡山市安積町荒井字年柄1-33
090-4315-4779(会長:大塚 久)

2020.08.02 取材
文・写真:BUN

100年ふくしま 記事への感想を投稿する
※取材対象者への問い合わせフォームではありません。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


100年ふくしま。の記事

vol.082 トトノエル gallery cafe 芳賀沼智香子さん

vol.082 トトノエル gallery cafe 芳賀沼智香子さん

081 美術家 中根秀夫さん

vol.081 美術家 中根秀夫さん

080 cafe遊楽 石橋偉光さん

vol.080 cafe遊楽 石橋偉光さん

079小沢民芸 小沢宙さん

vol.079 小沢民芸 小沢宙さん


TOP