郡山の農業

農業 村上光義さん

村上光義さん

もっと知りたい郡山の農業

農業 村上光義さん
昔どおりの育て方でトマト本来の旨みを引き出す。

今年のミニトマトは最高に甘いです

郡山市下白岩町の村上光義さんは、奥さまと二人で農業を営んでいます。
こおりやまゆうに登場するのは今回で3度目。前回は秋風の吹く10月の初め頃でした。
「ミニトマトは種苗屋さんに薦められて今年、新しい品種に挑戦しました。イチゴも作っていますが、このミニトマトの方が甘くて美味しいと自分は思います」
村上さんは、自分の育てているトマトに愛情をこめてそう評価します。
「ミニトマトは普通のトマトよりも味は濃いのですが、雑味も入りやすく美味しさだけを引き出すように工夫する必要がある。特に肥料の配分には気をつけています。過分に与えないことが作物の力を引き出すことに繋がります」

村上光義さん
粒は大きめ。もぎ取って口に含むと瑞々しい甘味が広がります。

普通に水をやり、普通に育てています

昔ながらのトマトの味を大切にしているという村上さん。酸味と甘味のバランスがとれたトマトを多くの方に食べてもらいたいと話します。
どのような農産物でも作り手の考えが異なりますが、特にトマトは多品種で様々な栽培方法があります。
「ここ数年、水をできるだけ少なく与えた味の濃い小ぶりのトマトが多いですね。私は普通に水をやり、普通に育てています。大きくて昔からのなつかしい味のトマトです。先日、直売所に出荷していた時にお客さまから青くさいトマトが欲しいと言われたことがありました。嬉しかったですね、自信を持っておすすめしました」
大きいトマトは漬け物にしても美味しいそうです。
村上さんのトマトは主に市場に出荷していますが、直売所の「旬の庭久留米店」でも買うことが出来ます。
村上さんは、自分のトマトの魅力を知っていただきたいという思いから、今年から直接ハウスへ来ていただければ販売できるように対応しています。よろしかったら事前に電話連絡をして村上さんを訪ねてはいかがでしょう。

村上光義さん
村上光義さんは、全部で30アールほどのハウスで主にトマトときゅうりを育てています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です