あっち、こっち。

しあわせな卵料理

しあわせな卵料理鏡石町のイタリアンレストラン「ナストロ」でいただく卵料理。
ふんわりと焼けた卵の中にはジャガイモ、タマネギ、ベーコンがバランスよく入っています。
自分でも作れそうだけれど、ここでいただくものは格別な幸福感を味わえます。
まあるくやさしい形のこのお料理はスペイン風オムレツ。
心や身体が弱くなっているときでもこれだったら美味しくいただけそう。
卵の秘めた力を感じる料理です。

店主がひとりで切り盛りするこのお店、ある日の昼下がりのこと。
店内は満席で、店主は厨房で大奮闘。そんな中、お客さまたちがそれぞれにできるお手伝いをさり気なくされているのを目にしたことがあります。
そして隣のテーブルに運ばれてくる料理に美味しそうと微笑みながら順番を待っている。
お店の雰囲気はそこが好きで訪れるお客さまの思いのようなもので作られていくのかもしれない。
そんなことを感じた居心地のいい時間でした。

「ナストロ」とはイタリア語でリボンという意味。
店主のご両親は以前、「リボン食堂」という名のお店を営んでおられました。
息子さんがイタリア料理でご両親の思いを受け継いでいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です